セッション

セッション鑑賞終了。

一言でいえばドラマーの話しなのだが、音楽の世界ってあんな感じなのだろうかと思うほど厳しく狂気的なものだった。

教師役のJ・K・シモンズが熱演で、厳しいんだけど時には優しく、善と悪をあわせたかのような恐さがあった。

実際にこんな教師いたら嫌だなと思った笑

 

ラストシーンはいい意味でゾクッとした。

というかJ・K・シモンズ恐すぎ

まぁでも最終的にはよかったんじゃないかなと私は思う。

あと音楽も良かったのでぜひみてほしい。