恋は雨上がりのように

恋は雨上がりのようにを鑑賞。

この話は女子高生がファミレスで働いている店長に恋をするという物語。

ただのラブコメではなく、二人がやりたいことや夢を追いながらそれぞれが影響しあって背中を押していく映画だった。簡単に言うと少しラ・ラ・ランドっぽい映画だった。

女子高生のあきらが純粋にその店長のことが好きで乙女な気持ちがあってかわいかった。店長もそんなあきらにタジタジで、告白されたとき素直に気持ちを受け取れないけど嬉しい、でも大丈夫なのか?そんな様子が微笑ましくてよかった。

またなんといってもキャストがぴったりだった。店長演じる大泉洋がいい感じに冴えないおじさん感が出ていてよかったし、小松奈々ちゃんもあきらのクールな感じとキュートな部分がばっちり演じきれていてすごくはまっていたと思う。

ちなみに気になってアニメと漫画を読んだのだがどれも違う終わり方をしていて全部楽しめた。

ただどの終わり方も爽やかな終わり方で、タイトルの通り雨上がりのようなスッキリとした気持ちになるそんな作品だった。

 

 

個人的な話

あまり、ブログでは書かないつもりでいたけど私の職業について話したいと思います。

今私は食品工場に勤めています。高卒で入ってもう一年が立ちます。

食品工場に入ろうと思った理由は、ただなんとなくです。というか私は専門学校にも大学にもさらさら行く気がなかったので、とりあえずどこかで働きたいと思っていました。お金も稼いでいろいろやりたかったっていうのもあります。

それでいろいろ求人をみて他の会社よりも給料良くて、家からそんな遠くない、ここでいっかみたいな理由でその会社に就職しました。すぐ内定です。

そして最初の研修の日。どんなことやらされんのかなと多少の期待と不安を感じながら待っていたら、なんと…紙を敷くだけの作業を3時間近くやらされました。

初日でしたがこんなのがこの先永遠に続いていくんだとそのとき私はゾッとしたのを覚えています。

とはいえ工場はそういうものだとある程度は覚悟していたので、まだなんとか耐えられましたが、それ以外に力仕事が多くて女の私には少しきついと感じました。

正直この一年はものすごく辛かったです。というか今も。

今更言っても仕方ないかもしれませんが、なんで工場にしてしまったんだろうと後悔ばかりしています。もっと違う選択肢があったなぁとか自分の能力活かせる仕事にしたいなぁとかいろんなことを考えてしまいます。

今就活生で私みたいになんとなく工場に就職しようと思っている人はよく考えてほしいです。(本気で入りたい人は別として)入ってからでは遅いので。

一応私もこのままじゃいけないと思っているので、他のことも今いろいろ調べて勉強しています。

また進展があったらこういう感じのブログを書きます。

 

 

 

 

もうすぐ一年

もうすぐブログを開設してから一年が立つ。けど…全然ブログ書けてない笑

特に去年の後半は全然書いてないし、ほとんどがお久しぶりですブログ

目標としては一週間に一回ぐらいは書くつもりだったんだけど…さぼり癖がでてしまった

これからはもっと更新して、たくさんの人にみてもらえるようにしたいな。

多分それに伴ってくだらないブログが増えていくと思うけど笑

 

5月病

お久しぶりです。

最近どうも調子が悪く5月病にかかっているmanakaです。やる気がでなく、どうしようもなく困っています。朝起きるのもしんどい、仕事いくのもだるい、なにをするにも力がでない。

しかもこれからどんどん熱くなってくるし余計にしんどい…

はぁなんか楽しいことないかなぁ

 

なんていうつまらないぼやきのブログでした。

 

リメンバミー

昨日リメンバミーを観てきた。

大雑把にいうと家族の物語だったんだけどめちゃくちゃ感動した。自分と重なるところもあってすごく考えさせられた。

後何が良かったって歌が良かった。

ミゲル役の子の声が素晴らしくいい。演技も歌も上手いので心にグッとくるものがあった。

まだ映画の余韻に浸ってて昨日からずっと歌を聴いてる。ちなみに私がおすすめなのは「音楽はいつまでも」という曲。最初はゆったりしているんだけど途中から盛り上がるところがあってすごく好き。

もちろん主題歌も好きだけど。

 

 また観に行きたいと思える映画だった。